スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
イッツICV150 電池交換
2015-06-26 Fri 17:33
この前、釣行したところ、メーターが効かなくなっていた。太陽電池だと思っていたが、船長が言うには、ソーラーと電池ってことらしい。イッツ ICV150 電池交換で検索してやってみた。
150626_161041.jpg
電池と工具を準備。
150626_161239.jpg

ねじを外し、
150626_161523.jpg
電池を外し、電池を交換。

150626_162022.jpg
他の人のブログで見たように150を表示、ボタンを押すと
150626_162101.jpg
0を表示。なんだぁ簡単じゃん。
組み上げて完成。

って思ったら、クラッチが効かない、悪戦苦闘、1時間くらいかけてクラッチのばねを確認し、何とかもとに戻った。
See you!(^^)/~~~
スポンサーサイト
別窓 | 道具の手入れ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
メンテは体調の良いときに、カメラを準備して!
2007-12-15 Sat 16:39
20071217mennta dougu

道具を用意してメンテ開始。20071217mennta クラッチ周辺

 このプラスチックのところは本体からはずすだけ。以前ここをばらして、泣きそうになったことがあります。20071217mennta 内部

 開けてみるとこんな感じ。結構汚れております。洗浄し、グリース。組み立て完成。
 楽勝!とおもいきや、ストップが効きません。
 最近、老眼を自覚した私には日暮れまで時間がありません。
夜釣り用、PC用、読み書き用のリーディングめがねが手元にありません。
 部屋も夕暮れが近づき、寒くなってきました。もうパニックです。3台あるアルテグラを全部バラバラにして、同じ状態にしてしまいました。そうです。だめな状態の方にしてしまったのです。
 試行錯誤の結果
20071217mennta 逆さま

 この部品が逆さまでした。ほっと一息です。
ついでに古いアルテグラのストップフリー切り替えようのバネみたいな奴が、以前、ばらしてしまったときに余ってしまったのですが、それがどこに付くのかわかりました。
 けがの功名です。何とか無事に終了しました。

 メンテは頭が疲れてないときに、カメラを準備して工程を残していった方が、後のために成ると思います。いずれにしても自己責任になりますので注意してやった方がいいと思います。
お金のある方は、メーカに出した方がよりいいと思います。

別窓 | 道具の手入れ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
リールメンテナンス
2006-05-07 Sun 16:23
 最近、2500アルテグラの方が2000アルテグラに比べ、やや引っかかりがでてきた感があったのでメンテナンスをしてみることにした。20060507105927.jpg

 おなじみのスプレーとグリスはナ○コで一番安い奴。300円くらいでした。まず、おなじみのスプレーを小瓶に入れて、はずしたボールベアリングやなんだかわからないものを入れて振ってみると、黒くなってきた。やはり汚れていたのか?それを出してグリスをベアリングに刷り込んでいく。こんなやり方でいいのか?モリブデンとかシリコンのグリスの方がよかったのか?どうかわからないが、くみ上げてみると知人のシマノ上位機種のそれとそんなに変わらない感じがする。
 ベアリングを2つ増設しているので感覚的には同じ感じに仕上がっている。
 個人でのメンテはメーカー保証は利かなくなるが安い。
しょっちゅうやった方がいい感じなので、メーカーのオーバーホールには金額的に出せない。自己責任ということでトライするしかないようだ。フジヤマ Spin
フジヤマ Spin


このオイルはすごいらしい。一滴でリールの性格が変わるぐらい軽くなるらしいです。大きさの割に高価なのでいつか試してみたいと思います。フジヤマ Spin グリス フィネス
フジヤマ Spin グリス フィネス


グリスも重要だと思います。いまいち使い分けがわからないのですがシマノの説明書にはグリスアップの場所とオイルの場所が書いてあるらしい。探してみなければ・・・
リールメンテナンスの続きを読む
別窓 | 道具の手入れ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アルテグラ チューン
2006-05-06 Sat 17:52
 以前雑誌等で見たリールのチューンというものをしたくなってしまった。
雑誌や他のブログなどを参考にして、つい始めてしまった。
 どちらかというと不器用な方だ。小さい頃ばらしたものは元の形になったことはない。
 今回のテーマはベアリングの増設である。電話でNTNに電話して代理店を紹介してもらう。すぐにそこへ電話。単品から販売してもらえるようで、アルテグラ98用と02アルテグラ(2個所有)用に3セット購入
約2000円弱でそろえることができた。
 よく考えずに、02アルテグラから実行。うまくいったかのように思えた・・・・
そう思えた。しかし、ストッパが利かない。どうして?!またばらしてシマノの部品図を見てみるがよくわからない。えらいことをしてしまった。 思い切ってもう一つのアルテグラをばらしてみることにした。もう引き返すことはできない。二つとも同じ症状になったら・・・私にしては思い切った決断で買ったアルテグラである。相性がよかったので05アルテグラがでて値段の下がったアルテグラを買い足したのである。この決断は2つをいっぺんに失うかもしれない
 結果的には直ったのだがクラッチというところをばらすべきではなかったらしい。2ミリくらいの長さのバネの先の向きが関係するようだ。
 しかしながら、何度も分解、組み立てをしたので構造がつかめてきた。
 やはりさすが大人だ!子供の頃はできなかったのだが成長している
自分に酔ってしまった。
 次回は古い方のアルテグラがベアリング増設後もややスムースでない感じがするのでメンテしてみたいと思う。
PHOT0006.jpg

PHOT0004.jpg

アルテグラ チューンの続きを読む
別窓 | 道具の手入れ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 成長したいメバリスト |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。