スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
アオリイカ エギング(虐待編)
2006-09-30 Sat 20:19
 そろそろ、アオリイカが釣れているという情報が入ったので、朝9:00出発。能美島のA鼻、H港、K港、S港、M港をランガンしてみた。
 まずは、A鼻、ここはよく夏場のロックフィッシュ特集の時に雑誌などが特集しているところだ。エギングをされている人が一人いらっしゃる。いいかも♪。(^_^)bしかし、墨跡もなくすぐ移動。満潮が14:00ぐらいだったのでそう時間はない。
 次に到着したのはH港、エギをしていた人に声をかけてみる。
『リリースサイズは釣れるんですが・・・・』という返事。昨年からはじめて通算成績3杯の私には、大きさなど関係ない。キャスティングして偏光レンズでみると、2匹くらい15cm位のアオリが追尾してきている。水の中では大きく見えるのかあげてみるとことのほか小さい。
寿司で言うと一貫分くらいしかない。こんな感じです。
20061001104953.jpg


 ここで3杯くらいリリースサイズを上げ、次のK港へ。
 K港でも墨跡がたくさん。♪(*^_^*)気持ちよく開始。しかしさっきより小さい。ベイイカくらいしかない。(>_<)
それでも、なお、粘っていると偏光グラスで見えない深みで根がかりのようなあたり(?_?)エ?会わせてみるとぎゅーんときて、墨はきまくり。\(◎o◎)/!この胴長18cmくらいのものを中心に5杯キープしました。通算成績15杯となりました。7杯はリリースです。結果的にここが最後となりました。
 本来の目的としては、Y新聞釣り情報に掲載していた、S港。よってみましたが人が多くてはいるところなし、しかも、先週は釣れたのですという返事であまり良くない様子。いつもメバリングしていたM港、ここにも墨跡。人は居ませんでした。ここもいけるかもしれません。
 10月に入り、能美島は最盛期に入るかもしれませんが、水温の関係?であまり大きな個体が居ませんでした。一潮ごとに大きくなると言いますが、期待したいものです。
 よく、雑誌でみると2段シャクリといいますが、今回は、軽い一段シャクリに効果が会ったように思えます。
 今回使用したのはヤマシタの金テープ2.0号(小さいエギは安いのがないので高かった)と安いエギ3.5号(200円くらい)と車載工具の(ドライバーイカ締め用として使用)これだけです。

20061001105043.jpg

20061001105025.jpg



 ものすごい量の準備をしていったのですが結局使用したのはこれだけ。いつも思うのですがコンパクトに行きたいという想いと、もしかしたらこれも必要かもという想い。
 私も、2.0号ばかりを使用したのですが、ほとんどの方がこのサイズを使用されておりました。対象がまだ小さいようです。
 しかしながら昨年始めたときは3.5号しかもっておらず、このサイズでもあるサイズが釣れていたので、エギのサイズはあまり関係ないのか?と思っておりました。テープについても、最近、下地のことだと気づきました。
 イカは1日おいた方がうまくなると言うことでシゴだけして明日食べる予定です。感想は後日。干すことも検討しましたが、雨と言うことなのでまた、今度にします。
20061001105009.jpg

See you!(^^)/~~~
アオリイカ エギング(虐待編)の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 釣行記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
カサゴ釣り
2006-09-10 Sun 16:09
 9月9日、天気予報がよくない中、我慢しきれず、江田島M港へ。
到着すると、大雨、帰ろうかと相談していると、雨足が弱まったので
少しでもやろうと言うことで、まずはエギングのチェック。
 まだいないのか?無反応。数投であきらめて、今回のテーマに。
サンマの切身で釣れるのか?最近、釣れていないので手堅くえさ釣りということでもないのですが、やってみることに。
 明るいうちは、全然食ってこなかったが、同行のk氏のサンドワームに良型のカサゴ。いることがわかり、俄然、真剣になる。
 日没後、すぐHit!。やったと内心思いながらリールを巻いていくと、
うんともすんとも動かなくなった。「しまった」ドラグをゆるめぱなしだった。根に潜られThe END.
気を取り直し、再トライ、短時間で3匹を追加、4匹目もいいひき!
また、笑いながら巻いていると、予期せぬ2度目の突っ込みをかわせず、痛恨のラインブレーク。
 そうこうしていると、気にしていた雨がやってきて7:30分早めの納竿となった。
 メバリング仕様で十分に楽しめました。ソルトルアーアングラーとしては反則だが、サンマの切り身+ジグヘッドも結構、おもしろかった。
20060910161146.jpg



 その後はいつものように、薄作りにして食しました。

20060910161202.jpg

カサゴ釣りの続きを読む
別窓 | 釣行記 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
| 成長したいメバリスト |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。