スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
昨日カブトムシが!
2009-06-29 Mon 22:03
白いジーンズが汚くなってきたので、捨てようか迷った!
一度漂泊してみることにした。
きれいになった。一緒に洗ったボートネックのシャツが
犠牲になった。
昼間から、干していたのだが、天気が大変なことになると言っていたので
取り込むかと思って、ベランダに上がってみると大変!
でかいゴキブリ!とおもいきやカブトムシやん!
もう夏!そういえば、夜、白い布を張って明りを当てると
虫が取れると本で読んだことがある。

この話を息子にメールすると、メールは面倒くさいとのことで、
電話があった。久しぶりに長話をしたので、その最中は
恋人と話すより、幸せを感じた。(恋人はいないし、だいたい恋人って死語やん)
7月1日が退院のための説明会ということで
機嫌がいい。説明会というのは、退院のための注意点、準備
など。ほとんどの人がトンボ帰りと聞いているので、清潔面に
注意して、少しでも家族の時間を持ちたい。

See you!(^^)/~~~
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
息子に会った
2009-06-28 Sun 09:08
昨日、久しぶりに息子に会った。
だるいので会いたくないと言っていた息子に
たまたま、エレベータ前にいたところに出くわした。
思ったより元気そうで、安心した。
薬の量をさじ加減でへらし、様子を見ているようで、
GVHDによる発疹がひどくなったようだ。

退院が近いのを知っているせいか、機嫌がいい。
体調が悪い時にはエクソシストの映画のように、
性格まで悪魔のようになったらしいが・・・・

その後、妻と買い物、院内学級も進んで来たらしく、
本人は次男に勉強のできない
自分のようになってほしくないので、
しっかり勉強してほしいと言っていたらしい。
まだ、間に合うと思うのだが、
現実、間に合うかもしれないが、3年間
普通の高校に通えるかどうかは疑問だ。
パンフを取り寄せてみると週三日制とか
単位制とかあるようだ。
やはり、彼の人生は大変なようだ。
当然、こちらにも負担がかかる。
少し、行政の応援が切れるときが不安だ。


でも、頑張るしかない。
今日はいつ帰ってきてもいいように、大掃除をしていかなくちゃ!
See you!(^^)/~~~
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
退院が近付いた!
2009-06-21 Sun 19:27
 今日、病院に行って妻に状況を聞いたところ、7月上旬に退院できそう。
喜ばしいことだが、まだ、口を使う食事はうどんぐらいしか食べれないのに
大丈夫だろうか?生ものもダメなので寿司はダメ!
 これからは、血小板輸血の必要はない?かもしれない。
本人と臍帯血との折り合いの付け方になってくる。
 つめ、唇、皮膚、が生まれかわっているらしい。通院になるらしいが
一番、気をつけなければならないのは感染症。通院は本人も付添をする
妻も大変。病院が近ければ問題ないのだが・・・・・

 
 少し、調子がいいので院内学級にも参加している。
院内学級に行きはじめて、少し機嫌がいいらしい。やはり、自分を取り巻くコミュニティ?は必要なのだ
 息子は本来なら中学生なので、小児科なのだが、病気の疑いを近所の普通の内科の先生に
みてもらい、紹介状を書いてもらったので大人の病棟にいる。中学生はこの病棟では珍しいらしい。
当初は、看護師さんの皆さんも困惑していたようだ。扱いも大人扱いなので、患者に対する要望、
自主管理も厳しい。

 小児科の院内学級しか知らない院内学級の先生もそのあたりの違いにびっくりしているようだ。
病気と闘うという意味では、大人コースの治療がいいような気がする。


 大人と子供の治療、検査、方針も内容が違うようである。マルクも小児科は全身麻酔で腰骨のあたりからとるらしいのだが、息子は胸のみぞおちの上のあたりに結構太い針を部分麻酔で刺されている。全身麻酔、部分麻酔、移植についても担当医のさじ加減?と言っていいのかわからないが違うのだ。当然、全身麻酔より部分麻酔のほうが患者本人の体へのダメージはないような気がする。だが、
子供だから、痛みを少なくするほうがという考え方なのだろうか?事実、入院のころ、看護師さんに
手足を押さえられてマルクをしていたような気がする。我が息子ながら、声もあげず、大したものだ。
俺なんか鼻骨骨折の際、割りばしのようなものを鼻に入れられたときに痛みで自然に涙がでた。

当然、体の中は麻酔が効いてないので痛いらしい。そのあたりの話を院内学級の同世代の患者に
話すとビックリされたらしく、妻に得意そうに語ったらしい。

おれもがんばらなきゃ!
See you!(^^)/~~~
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
申し訳ありませんでした
2009-06-12 Fri 22:21
Yusuiさんヤマさんのコメントの間に、このページとは関係ないコメントがあり、削除した後、
そのあとのフォローを忘れておりました。もうしわけありません。あたかもyusuiさんに対する
ヤマさんのコメントのようになってしまいました。

Yusuiさんヤマさんのこめんとには間のコメントがあったことをお二人並びに誤解を与えた読者のみなさんに陳謝します。

Yusuiさんヤマさんごめんなさい。

誤解なきようヤマさんのコメントを編集しようとしましたが上手く出来なかったので、
せっかく励ましと抗議を頂いたのですが、とりあえず、削除しました。すいません。
Yusuiさんのページに訪問、お詫びしておきました。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
元気って?
2009-06-07 Sun 22:05
 今日、夕方から次男がやってきて家でダウンロードをしていった。というのも、妻と長男が入院してから、妻の実家にいるからだ、数時間だったが、少し日常生活について、話をした。
その後、本人をほったらかしにして、風呂に入ったが家に家族がいるだけで、気持ちが軽くなった。
ひとりでいると、ため息ばかりついていたが、こうも違うのかと思った。
家族は本当に大切だ。家族がいるから釣りに出かけても、待っている人がいると思うと、この話をしようとか思えるのだ。
 それと、話題の「奇跡のリンゴ」をよんだ。無謀にも無農薬でリンゴ作りをする話なのだが、薬とかが生態系を壊しているといった話だった。人間も薬やエアコンなどでごまかしているのだが、本来の自然治癒力といったものがなくなっているのではと考えさせられた。
 快適さと引き換えに何かを失っているのでは・・・・
 長男が帰ってきても、ストレスをためないように暮させないといけないとは、思うもののいきすぎもいけない。とおもいつつ、腫れものに触れるようにしてしまうかもしれない。
 楽しみでもあり、不安でもある。
 その時のためにい場所の確保をするためにも自分も頑張ろう!
See you!(^^)/~~~
 
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
中12日!
2009-06-07 Sun 10:53
 血小板の数値が減少してきて土曜日か?日曜日あたり?に血小板輸血があるかもと思っていましたが、土曜日に落ち始めていた数値が再度少しではあるが上がった。
日曜日の輸血もなくなった。いい調子なのかもしれない。
 ただ、不安の要素もあり、こうなってくると、病院を退院させられるかもわからない。
退院というのは自宅療養ということもあるのだが、通院という意味が大きい。
ある時期が来ると、調子にかかわらずベットを開けなければならないということだ。この時期が一番大切な時なのだが、退院によって、すぐに体調を崩し、再入院ということもよく聞く。
いずれにしても、体重も10キロ落ちており、ベストな状態ではないので、もう少し入院させてほしい。
 半分、みんなが帰ってくると思うとうれしい。
 妻に、また、寿司を買いに行かんといけんねと言ったら、当分、生ものは食べられないらしい。当然、みんなもあわせた食事になると思う。

 仕事の方が好調ではないので、妻や親などにそのことを聞かれるとまぁまぁやってると答えている。
現状がこのありさまなので本当のことを言えない。

 嘆いてばかりもいられないので、頑張るしかないのだが、どうも、やり方がおかしいのかもしれない。
成果がでない。明日は久しぶりに見積もり依頼があったので、全力を尽くしてやろう!
See you!(^^)/~~~

 
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
中10日!
2009-06-05 Fri 23:33
 移植以来初めての中10日の血小板輸血がなかった。
ただ、見た目はあんまり変わってないようだ。
ようだというのは、母親の看病に満足しているのか、
私が邪魔なのか、面会を歓迎してくれてないので、
5月の連休以来会っていない。
信じられないことだが、AB型がいま、B型にどんどんなっているようだ。
爪も真っ黒だったのだが、奥から新しい爪が生えていると聞いている
体重が減少したまま、まだ戻りがないのが心配だ。
また、病院内の施設に泊まっている妻の歯ぎしりも心配だ。
本人も自覚が当然あるようだが、疲れるようだ

そろそろ病院の都合で退院になる可能性がでてきたが、
病院の法律というのか?そんなに何日もいられないらしい。
できるだけ安心できる環境ですごしてほいしということと
学校に行けないので、院内学級ということもあるので
少しでも病院にいたいのだが
もろもろの事情がある?!


そのへんの事情もあるが
早く家族でそろいたいという気持ちある。
でも、一番大事なのは本人の体調なのだ
早く独り暮らしから家族暮らしがしたい!

See you!(^^)/~~~
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 成長したいメバリスト |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。