スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2016.7.2タマアミストまさ誕生
2016-07-13 Wed 17:31
 あさ4じ30分に起きて、いつもの港からいつもの船長といつもの場所へ
とはいえ、すごい久しぶりである。

 まぐれで大物をゲットしたので、当分いかないでいい状態。以前は釣れたら、もっと大きい奴を
てな感じだったのに、爺への道を突き進んでいるのだろうか。

 まずは鯵から、やるが反応なし。

というわけで、いつもの鯛ラバ開始。開始早々、船長の鯛ラバにあたり、船長はかなりゲーム数をこなしているので、巻きながら、『50cmないなぁ』とか言いながら、巻き上げ、私がタモを入れた。
IMG_20160702_070449.jpg
 見事な真鯛のメス。どこでメスってわかるのって聞くと、魚体がきれいらしい。
IMG_20160702_070516.jpg
 確かに50cmをわずかに切っている。

 すぐに船長が『これ、あげる』っていってきた。ちょっとうれしかったけど、なぜか、この瞬間に今日はボウズという予感がした。

 その後、5回くらいあたりがあったが、チャンスを物にできず、船長のほうは同じくらいのマゴチを2匹上げて、納竿となった。
IMG_20160702_085111.jpg
 結局、自分で獲物を手にできず、真鯛は刺身に、兜煮、船長に言われたところから包丁を入れると、簡単に割れた。口から包丁ではなく、眉間(眉はないけどイメージ)から包丁を入れると、初めて割れた。 
 以前は、頭をフライパンにそのまま入れて、そのまま、煮ていたので、原始的な料理の感じがしていたけど、うまくできた。
 マゴチは一日、冷蔵庫に置くと、ヌルがなくなるというので、次男と薄造りに、次男にやらせたのは、初だが、筋がよさそう、というか、俺が特別、下手なのかもしれない・・・・・

 今回は包丁とタモしか使ってない釣行となりました。トホホ
See you!(^^)/~~~
スポンサーサイト
別窓 | 釣行記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 成長したいメバリスト |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。